テリロジー 「半公式」エンジニアブログ(仮)

株式会社テリロジー コンサルティング&ソリューション技術統括部

ピアボーナス(ピアコ/Piaco)を開発してOCI上に構築しました

エンジニア部隊へのお問い合わせはこちらまで


昨年だったのは確かなのですが、いつしかの部会でベテランM大兄がピアボーナスをやろう、って発表をしたことがありました。

 

そして、日本もコロナ禍に突入。コンサルティング&ソリューション技術統括部は昨年の3月から全員で集まる機会を失い、今に至ります。

 

テレワーク体制に入り、技術部門の出社率は本年1月平均で4割程度。小さな所帯の割にはいろいろな商材を取り扱い、何屋かわからない当社ではありますが、何故か今年はハードウェア・アプライアンスが好調。

 

オンプレバイクラウドを地で行く当社の営業さん大活躍。ハードウェア・アプライアンスは、ヒートラン含めた出荷整備その他、物理作業がありますので、フル・リモート体制で業務を進めることができず、地方出張含め、コロナウィルスの感染対策をしながら出社している状況です。

 

話はピアボーナスに戻りますが、ピアボーナスとは、社員同士が日常の行動や貢献に対してポイントとして送り合う仕組みです。また、ポイントを送ると同時にメッセージを添えたりして、チームの「心理的安全性」を高め合う効果もあります。企業によってはポイントを人事評価制度に反映したり、報奨金に反映することもあるようですね。

 

リモートワーク体制を敷いた企業さんは多いと思いますが、従業員の皆さんのストレスというのが問題になっているという記事をよく見かけるようになりました。記事によっては、ストレスを感じるているのは主に50代以上の人だと書いている記事もありますし、若手社員だと書いている記事もあり、何が本当だかわかりません。

 

これは筆者であるところのワタクシ(四十代)の考えですが、たぶん、当社の場合、ストレスを感じているのは、まだ自律的に仕事をすることができない、若い人や入社して、まだまだ日が浅く人間関係などができあがっていない人たちなんじゃないかなと思っています。居場所を確立した人、ルーティンワークをしているような職種の人は、リモートワークがやりやすいのではないかと。

 

やはり、チャットやビデオ会議のコミュニケーションでは補いきれない何かがある、そう思うのです。それは我々、管理職のコミュニケーション能力の欠如によるものかもしれません。ただ、こういう状況になった以上、なにかしかければいけない。焦るばかりの毎日。そこで思い出したのがピアボーナスの話でした。

 

グーグルさんが提唱した「心理的安全性」、これをどう確保するか。やや雑な言い方になりますが、心理的安全性さえ確保すれば、この難局をチームで乗り越えられるかもしれない、そんなことを考え、ソフトウェア開発に興味を持っている若手のYさんとAさんに開発してみないか、と声を掛けました。ワタクシは最初に機能要件とER図の確認に参加しました。

 

そして業務の合間を見ながらYさんとAさんの二人は開発、2ヶ月弱でOracle Cloud上にピアボーナスのシステムを構築しました。その名も「ピアコ(Piaco)」。既に部内で運用しています。これで少しでも皆の気持ちが温かくなればいいな、とそんな思います。

 

f:id:terilogy-tech:20210131034256p:plain

 

f:id:terilogy-tech:20210131034453p:plain

 

 

このピアコをきっかけに部の雰囲気がよくなり、チームワークの向上に繋がればよいと思っています。

 

 

お問い合わせはこちらまで
エンジニア部隊に直接つながります
コンタクト