テリロジー 「半公式」エンジニアブログ(仮)

株式会社テリロジー コンサルティング&ソリューション技術統括部

土壌改良は難しい

エンジニア部隊へのお問い合わせはこちらまで


人々に変化を求めるのがリーダーの仕事だよ。
抵抗、妨害、中傷、問題のすり替え、上等。

 

ま、テリロジーをもう一度、偉大にする

 

とか言うとトランプ大統領みたいだからな。
そういうものは誰しもが思うことではないし。

 

絶え間なく続く複雑な変化に対応することは誰にとっても挑戦。稀に見るチャンスと捉える人もいれば逃げるやつもいる。慣れ親しんだ安心感? 自分にはそういうものがないから...。

セキュリティ製品を紹介しに行くと「まあ、攻撃受けてから考えますよ」と言うお客様が一定数いる。ネットワークへのビジネスの依存度が低い企業はあまりセキュリティ対策に興味をお持ちでないということもあるかもしれないけど、まあ、体のいい業者の追っ払いかたなんだろう。

この「まあ、攻撃受けてから考えますよ」というのと「実際、状況が変わったら新しいことに取り組んであげますよ」というやつは同じ。ま、状況が変わってから取り組んだところで手を打っても間に合わないことが多いし、こういうことを言うやつがいざというときに最前線に出るかというと間違いなく出ない。そこに期待したところで悪い結果になるのは明白。ま、何事も準備が必要ってこと。

 

こういう言葉は注意したほうがいい。

 

・前向きに
 ・前向きに検討します
 ・やや明るい希望を相手に持たせるときに使う
 ・人類が絶滅する頃には可能かもしれないって感じ

・鋭意
 ・鋭意努力します
 ・無理なときに使う
 ・自分の努力だけは印象づけたいときに便利
 ・本来、鋭意+努力は最強のコンボだが意味は真逆(やらない)

・努力する
 ・努力してみます
 ・たぶん無理だけどやってみる
 ・最大限度努力する
  ・結果については文句言わないでね

・十分
 ・十分に検討してみます
 ・すぐにやりたくないので時間をたっぷり稼ぎたい

・努める
 ・改善するよう努めます
 ・ちょっとは努力する
 ・責任を取るほど最後まではやらない

・配慮する
 ・配慮するようにいたします
 ・実際には何もしない
 ・机の上に積んで置くだけ

・検討する
 ・チームで検討してみます
 ・実際には何もしない
 ・または検討する「だけ」のときに使用

・見守る
 ・状況を見守りたいと思います
 ・部下にやらせて自分は何もしないときに使う

・お聞きする
 ・要望についてはお聞きしました
 ・実際には何もしない、聞くだけ

・慎重に
 ・慎重に検討します
 ・実際には何もしないが、断りきれないときに使用

・確認する
 ・確認しておきます
 ・暇があったら見ておくだけ

・善処する
 ・今後は善処します
 ・ハイハイ、分かりましたという意味

・今はできません
 ・忙しいので今はできません
 ・一生やらないの意味


変化というものは突然来る場合もあるけれど、実はだんだんと起こるものであって、その予兆を感じながら、新しい価値観の提示と、方向性を決めて集団を牽引するのがリーダーの役目だろう。

ただね、その集落や部落には歴史があるわけで、その土壌に根づいた色々なものに敬意を払わないクソ野郎と思われてしまうと、理論上素晴らしい提案をしたところで感情的なフィルタに進路を閉ざされることもある。

スポーツ選手のトレーニングにしろ、子供の教育にしろ、二十年前とはだいぶ変容していると思うが、まあ、この技術統括部という存在はなかなか変わってこない。

まあ、テクロノジ―・カンパニーというより、卸売業なので、その辺、難しいのかな。エンジニアのアイデンティティがどこにあるか、余所者の自分にはわからないけど、ま、そんなところなんじゃないかと思う。あとは、政治的、経済的な地位を脅かされる層の抵抗。何を守りたいんだか知らんが。

まあ、日々の習慣、道具、道理や義理、考え方を変えろといっても簡単には変えられないだろう。それについては、もう一定の答えが出ているので、それに向かって進むだけだ。時間は限られている。

リーダーというのは、時には権限を超えて、危険を冒してでも難局に挑まなければいけない、そんな風に考えたりするわけだが、まあ、愚民政策、大衆迎合で毎日をやり過ごすというやり方もあるのかな、と思ったり。

もっともリーダーというタイトルだけに興味のある人間もいる 藁。

 

いろんな意味で疲れるわけである。

ま、フィードされたエサでも食っててよ。そんな感じ。

 

お問い合わせはこちらまで
エンジニア部隊に直接つながります
コンタクト